和晃運輸株式会社 2月14日 大型車事故対応訓練に参加協力 | トランクルーム・レンタル倉庫なら押入れ産業

2015.02.18和晃運輸株式会社 2月14日 大型車事故対応訓練に参加協力

和晃運輸株式会社(伊丹店・南塚口デポ)が2月14日(土)に自社敷地内にて行われました、伊丹市西消防署の「大型車事故対応訓練」に参加協力されました。

本訓練は複雑多様化する各種災害・救助事故に備え、地域に密着した民間企業の持つ人材や資機材・技術などの協力を受け、消防署員の更なる技術の向上を目的として伊丹市西消防署からの要請があり、開催されたものです。

当日は実際の大型車(貨物積載)を使った大規模な実車訓練となり、約30名ほどの消防隊員の方々が参加されました。

訓練は実際さながらのとても緊張感あふれるものでした。災害時における協力体制、地域社会の皆様のお力になれる機会を今後も大切にしてまいります。

                        大型車の構造、仕組みについて説明の後、訓練開始です

                     大型車の下に乗用車等が潜り込んでしまったケースを想定しての訓練

                              木材を使用した、車両の安定化作業

                               伊丹市西消防署の署員の皆様と

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。