【掲載情報】和晃運輸株式会社 輸送経済新聞 5月26日号他掲載されました。 | トランクルーム・レンタル倉庫なら押入れ産業

2015.06.05【掲載情報】和晃運輸株式会社 輸送経済新聞 5月26日号他掲載されました。

和晃運輸株式会社(伊丹店・南塚口デポ)が、兵庫県尼崎市屈指の神社である貴布禰(きふね)神社で約300年続く「貴布禰だんじり(地車)祭り」の地車の修理場所として倉庫を無償で提供され、街の伝統行事継承に一役買い、CSR活動を推進されています。

「貴布禰だんじり祭り」は、貴布禰神社総本宮の京都・鞍馬の貴船神社で毎年8月1日と2日に開催され、2日間で約10万人の人出で賑わう非常に歴史あるお祭りで、中でも2日に行われる、2基のだんじりが正面から激しくぶつかり合う「山合わせ」が非常に有名です。その為、数年に一度、地車の修繕が必要となり、保存会の方々には場所の確保がかねてからの悩みとなっていました。

現在は週末を中心に宮大工、地車保存会の方々が修繕を行っており、その模様が業界新聞各社に掲載されました。

 

輸送経済新聞 5月26日号 掲載記事

 

 

運輸新聞 5月29日号 掲載記事

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。