家族が自分で管理できる収納

 

こんにちは。
一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会代表理事の高原真由美です。

「ライフオーガナイザー」とは、アメリカで一般的に認知されている思考と空間の整理のプロ「プロフェッショナル・オーガナイザー」の日本版の職業です。
整理のプロといっても、空間に溢れたものを「捨てること」からはじめるわけではありません。片づけに悩む方々が、混乱した思考を整理して、「もっとラクに、もっと生きやすい暮らし」を手にいれること。それをサポートをするのが、わたし達、ライフオーガナイザーの仕事なのです。

ここでは、そんなライフオーガナイザー達の自宅を実例として、ラクに暮らせる収納のアイデアや、生活にゆとりをもたらす片づけの工夫についてご紹介いたします。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

■「取り出しやすい、しまいやすい」クローゼット

子どもでも、片づけが苦手な夫でも使いやすいクローゼットの仕組みをつくったら、お世話をするママの手間が激減!
取り出しやすく、しまいやすい、家族が自分で管理できるクローゼットを目指しましょう。
今回は、東京都調布市在住のマスターライフオーガナイザー、植田洋子さん宅のクローゼットです。
植田邸のクローゼット収納のコンセプトは、とにかく「取り出しやすくて、しまいやすい」ということ。

 

こちらは子ども部屋のクローゼットですが、
子ども達が自分で洋服を取り出せるように、
突っ張り棒を使って、バーの高さをあえて低くしています。
洗濯物をベランダから取り入れたら、ハンガーのままかけるだけなので、
たたむ手間も不要。子どもたちもお手伝いしやすい仕組みです。

 

バーの下の収納ケースには、手前にシーズンのもの、
奥にはオフシーズンのものを収納。
スペースを分けるだけでなく、畳み方も変えているので、
子どもでもシーズンの洋服がすぐにわかり、
着たい服を自分で選べるようになっています。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

■収納のポイントは「苦手な人」に配慮すること

 
 
 
 
  

こちらは夫婦の衣類を収納したウォークインクローゼット。
片づけが苦手なご主人のために、ご主人専用の衣類のスペースは入口の近くに。
元に戻したり洋服を選んで取り出すことがラクにできるように動線を短くしました。
 

 

入口から一番離れた奥には、オフシーズンの衣類をカバーで覆って収納。
その隣には、冠婚葬祭の礼服であることがひと目でわかるように、
部分的にカバーで覆った礼服を収納しています。
数珠や袱紗も近くに収納しているので、
いざというときもすぐに取り出せます。

■目指すのは「家族が自分で管理できる」収納です

母として、妻として、自分がいないと家族が困る、という状況では、自分の時間なんて確保できるわけはありません。
特に衣類は、家族ひとり一人が、自分で自分のものを把握し、管理してくれれば大助かり。
暮らしにゆとりを生み出すことに直結するので、まずはその仕組みづくりに挑戦してみてくださいね。

     

今日ご紹介したおうち

 

ライフオーガナイザー 植田洋子さん宅
植田さんのブログ: お片づけの最初の一歩~家族がもっと仲良くなれる整理術~
(リンク先:http://ameblo.jp/ienokoto-haru/
記事協力: 片づけ収納ドットコム (リンク先:http://katazukeshuno.com/
記事監修: 一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会 (リンク先:http://jalo.jp/

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。