扉がないだけでこんなに違う!

整理しやすく管理もしやすい「オープンクローゼット」

クローゼットに何が入っているのかわからなくなるのは扉があるから。
そんな発想から、クローゼットの扉をなくし、
靴や洋服を管理しやすい仕組みをつくった例をご紹介します。   

    

今回の実例は、東京都新宿区在住のマスターライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー、
瑞穂まきさん宅のクローゼットです。   

     

    瑞穂さんは2015年、一戸建てから現在お住まいの築12年のマンションへ引っ越してこられました。
入居前に、骨組だけを残して内装や設備を丸ごとデザインし直す「スケルトンリフォーム」を実施。
イメージ通りになった空間で、ご主人と娘さん、そして3匹の猫と暮らしています。   

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

■見渡せるから出し入れが簡単、管理も簡単!

瑞穂邸には、玄関から寝室へつながる廊下にウォークスルークローゼットがあります。
ウォークスルーの壁一面に、家族の靴を収納するシュークローゼットを設置。
脱いだ靴はすぐここに収納し、玄関には靴を出しっぱなしにしないように心がけているそうです。

 

「玄関に靴を出しっぱなしにしない」といっても、毎日その状態を維持するのはむずかしいもの。けれども瑞穂邸には、その流れをスムーズにする秘密がありました。実は、このシュークローゼットのすぐ奥に、洗面所への入り口が。帰宅して靴をしまい、そのまま手を洗う……という流れに沿ったレイアウトなので、無理なく玄関をすっきり保てています。

引っ越し前の瑞穂邸は、玄関に扉付きのシュークローゼットが備わっていたのですが、収納したまま出番のない靴も多かったそう。扉をなくすことで収納している靴すべてが見えるようになり、管理しやすくなったといいます。自分が持っている靴をきちんと把握できるので、「ついつい似た靴を買ってしまう」ということもなくなりました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

■収納の基本は「その人に合った方法」を見つけること

こちらは瑞穂邸の玄関です。
これほど便利な動線上にシュークローゼットがあっても、
靴を脱ぎっぱなしにしてしまうご主人のために、
専用のシューズボックスを設計しました(画像正面の白い扉)。

ご主人が脱いだ靴をラクに収納できるだけでなく、 うっかり脱ぎっぱなしになっていても気づいた人がさっと収納できるようになって、 ご主人のストレスも、ご家族のストレスも軽くなったそうです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

■見渡せる収納は自然とキレイに保ちたくなる!?

ウォークスルーのシュークローゼットの向かいには、
ご主人のクローゼットが設けられています。

 
 
 
 
  

引越し前は、ご主人のクローゼットにも扉をつけていたものの、 閉めると中が見えないため、どうしても収納が雑になりがちでした。
新居では扉のないオープンクローゼットを採用。
中のものが常に目に触れるため、きちんと収納することを意識するようになったそうです。 ワードローブを把握しやすくなり、必要のないものを買うこともなくなりました。
 

 

玄関寄りに置いた引き出しには、ご主人のアクセサリーや小物類を収納。
引き出しにはそれぞれ「時計 ライター」「めがね サングラス」など、わかりやすくラベリング。引き出しの上にトレーを置いて、ポケットやバッグの中身の一時置き場に。ご主人自身でものを管理できる工夫のおかげで、瑞穂さんがあれこれ気遣う時間が節約できています。

■思い込みを手ばなせば、暮らしやすさが向上します

「クローゼットといえば扉がついているもの」という考えを一旦手ばなし、
使う人や収めるものに合わせて仕様を変えている瑞穂邸。
ライフオーガナイザーとしてだけでなく、
クローゼットオーガナイザーとしても活躍されているだけあって、
どのクローゼットも「納得!」の設計でした。

「うちはリフォームの予定がないから関係ないわ」と思われた方!いえいえ、
大掛かりなリフォームを行わなくても、クローゼットを「オープン」にする方法はありますよ。
「備えつけの扉を取り外してみる」「引き戸を開けっぱなしにしてみる」など、
自由な発想で「オープン」に挑戦してみてくださいね。

     

今日ご紹介したおうち

 

ライフオーガナイザー 瑞穂まきさん宅
瑞穂さんのブログ: 美人化計画
(リンク先:http://ameblo.jp/mamerurutoto/
記事協力: 片づけ収納ドットコム (リンク先:http://katazukeshuno.com/
記事監修: 一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会 (リンク先:http://jalo.jp/

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。