お手本はホテルのバスルーム!

家族も片づけたくなる「カンタン収納」の洗面所

 
 

ものの出し入れがカンタンで、掃除がラク。
おまけにホテルのように美しい洗面所なら、家族も自然と片づけたくなります。

今回の実例は、広島県在住のライフオーガナイザー、田中彰子さん宅の洗面所です。

田中さんは現在、ご主人と四男(15歳)との3人暮らし。
数年前に洗面所をリフォームし、「カンタン収納」「出しっぱなし収納」を採用したそう。
そのときの様子を、田中さんにお聞きしました。

■どうする?出し入れのたびに乱れるタオルの収納

田中さんが洗面所をリフォームしたときの一番の目標は、「いつも雑然としているこの場所を、片づけやすい場所に変えたい」ということでした。
現在でこそ、ご主人と四男の3人暮らしの田中さんですが、当時は次男(20歳)と三男(18歳)も同居していたため、
男子4人の5人暮らしだったそう(23歳の長男は当時すでに独立)。
リフォームで、家族みんなにとって出し入れがラクな「カンタン収納」を目指しました。
田中邸の洗面所で雑然としがちなものといえば、「タオル」だったそうです。

リフォーム前は、タオルを引き出しの中にたたんで立てて収めていました。
家族が多く出し入れする頻度が高いせいか、あっという間に乱れ、引き出しが開かなくなることもしょっちゅうです。

 

タオルを出すのも、戻すのもラクな「カンタン収納」がどんなスタイルかと考えた結果、「出しっぱなし収納」がベスト!という結論に。リフォーム後は、ホテルのバスルームをお手本にして、タオルを出しっぱなしで管理することにしました。

■「出しっぱなし」をスッキリ見せる2つのルール

タオルを出しっぱなしにしたことで、出し入れの負担は大幅にダウン。
けれども、この収納方法は、一歩間違うと雑然とした印象になりがちです。
出しっぱなしでもスッキリ見せるため、

  

1. 出しておくのは使用頻度の高いものに限定する

  

2. ものの「色」や「形」を揃える

 

という2つのルールを取り入れて、家族が毎日使うタオルは同じ大きさ、同じ色で揃えました。

 

   

実は、タオルの「出しっぱなし収納」を採用したことで、思わぬ効果もあったそうです。
目につくところが乱れていると誰でも気になるようで、<田中さんだけでなく家族もタオルを丁寧にたたんだり、揃えたりしてくれるように。
引き出しに収納していた頃よりも、ラクにきれいな状態をキープしやすくなりました。
 
 

  

■どうする?雑然としたカラフルな洗剤ボトル

   

田中邸の洗面所で雑然としがちだったもうひとつのものが「洗濯用の洗剤」でした。
見た目に統一感のないカラフルなボトルは「隠す収納」のほうがスッキリ見えます。
けれども、子ども達が自分で部活のユニフォームを洗濯することもあるため、洗剤も出し入れのラクな「カンタン収納」が必須。  

   

 

 

そこで、使用中の洗剤も「出しっぱなし収納」で管理してみることに。
タオルの収納と同じ2つのルールをもとに、使う頻度の高い洗剤のボトルを「白」で揃え、中身がわかるようラベリング。
出しっぱなしでも目障りにならないよう工夫しました。

   

洗剤の収納場所は、小窓の枠。洗濯機のちょうど真後ろだから、
しゃがんだり背伸びしたりしなくても、ラクに洗剤を手にすることができます。
手が届きやすい場所なので、ボトルの液だれもサッとひと拭き。掃除がカンタンになりました。

 

さらに、ここにもうれしい「おまけ」が。
洗剤を手に取りやすくなったせいか、中身が少なくなっていることに気づいた家族が、
自発的に洗剤を詰め替えてくれるようになったそうです。

 

ものの出し入れがラクな「カンタン収納」「出しっぱなし収納」は、
いつも雑然としていた洗面所を片づけやすい空間にしてくれただけでなく、
家族が自然と手伝いたくなる「仕組み」まで生み出してくれたようです。

     

今日ご紹介したおうち

 
 

ライフオーガナイザー 田中彰子さん宅
田中さんのブログ: welcome home(リンク先:http://welcome092.exblog.jp/
記事協力: 片づけ収納ドットコム (リンク先:http://katazukeshuno.com/
記事監修: 一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会 (リンク先:http://jalo.jp/

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。