あなたは大丈夫?
ログインIDとパスワードはアナログな方法で管理

 
 

毎日の暮らしに欠かせないパソコンやスマートフォン。
WEBサイトに登録する際に必須のIDやパスワードの、アナログだけど安心な方法をご紹介します。

今回は、埼玉県朝霞市在住のマスターライフオーガナイザー白石規子さんが行っている方法を伺いました。

■つい忘れてしまう、IDとパスワード

私たちの暮らしに欠かせない、インターネット。
情報を得るだけではなく、各種手続や通信販売、レストラン予約など、インターネットでできることは日々増えています。


さまざまな機能を利用するために必要になるのが、WEBサイト登録用のログインIDとパスワード。

   多くのWEBサイトに登録していると、
   「ログインIDを忘れた!」
   「パスワードを忘れた!」

という事態が起きることもあります。
でも、全部のログインIDとパスワードを覚えるのは、なかなか難しいこと。

■専用ノートで、IDとパスワードを管理しよう

 

そこで、白石さんはパスワード専用のノートを使って管理しています。
このノートは、以前、「NAPO(JALOと提携しているアメリカの団体)カンファレンス」のイベント会場でいただいたものなのだとか。

 

アルファベット順のページには、
■web address(WEBサイトURL)
■log in / username(ログインID/ユーザーネーム)
■password / PIN / hint(パスワード/暗証番号)
■security question(秘密の質問)
■notes(メモ)
が印刷されています。

  

■常に変化する情報は、書き直しが不可欠

   

記入するときには、「PILOT」の「フリクションhttp://frixion.jp/)」を使用。パスワードは一定の期間で変更することが必要なので、書き直せることも重要なのです。  

   

 

 

以前は普通のメモ帳を使っていましたが、登録している数が多くなり、目次から探すのが困難に。そこで、このノートに引っ越ししたそうです。日本でも、同じようなノートが販売されていますし、通常のアドレス帳なども使いやすいかもしれません。

 

最近では、パスワード管理のアプリケーションやクラウドに預ける方法もありますが、白石さん曰く、「昭和生まれなので、アナログが一番安心できます(笑)」とのこと。

 

必要な情報はしっかり管理し、すぐに見つけられるようにしたいですね。

     

今日ご紹介したおうち

 
 

ライフオーガナイザー 白石規子さん
白石さんのブログ: シアワセの法則(リンク先:http://ameblo.jp/halealoha/
記事協力: 片づけ収納ドットコム (リンク先:http://katazukeshuno.com/
記事監修: 一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会 (リンク先:http://jalo.jp/

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。