クローゼット攻略がオシャレ部屋への近道!7つの簡単アイデア収納術 | トランクルーム・レンタル倉庫なら押入れ産業

クローゼット攻略がオシャレ部屋への近道!7つの簡単アイデア収納術

room

雑然とモノが溢れかえった状態ではオシャレ部屋には程遠く、まずは綺麗に収納する必要があります。そんなときに活用したいのがクローゼットですが、クローゼット収納って意外と難しいですよね?

そこで本記事では、クローゼットを攻略するために簡単アイデア収納術を7つご紹介します。クローゼットを綺麗に片付けてオシャレ度を高めたい方はぜひ参考にしてください。

クローゼットの片付けが苦手な人は多い?

クローゼットは自分で好きなように収納できますが、自由なだけにどう収納すればいいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか? もしかしたらローゼットの片付けが苦手な人は意外と多いのかもしれませんね。

クローゼットが片付いていないと目的の衣類や物を探すのに手間取り、時間を無駄にしてしまいます。中がぐちゃぐちゃだと人に見せられないので、綺麗に片付けておきたいですよね。

クローゼットの片付けが苦手な方は、これから紹介するポイントをふまえて収納の仕方を見直してみてください。

クローゼット収納のポイント

まずは着ない服を捨てる

「いつか着るだろう」と着ずに置いている服はたいてい着ません。数年に1回か2回か着る程度であれば場所をとるだけなので、思い切って捨ててしまうかリサイクルに出してしまいましょう。

捨てて後悔しないように、捨てる基準を決めてから片付けることをおすすめします。たとえば一年着なかった服は処分する、好みに合わなくなった服は処分するなど、自分の中で基準を決めると捨てる服と置いておく服を仕分けしやすいです。

厳密には”収納術”ではないですが、最初にここをやっておかないと、衣類が溢れかえっていくら上手に収納を工夫しても綺麗に片付けられません。

種類や色、季節で服を分ける

クローゼット収納の基本のキですが、種類や色、季節で服を分けると見やすくなります。種類で分けてもいいですし、色で分けると見栄えが良くなるので、用途に応じて分類してみてください。

使用頻度の高い衣類をどちらか片側に寄せて掛けておいてもいいですね。たとえば仕事に着ていく服は右側に、プライベートでたまにオシャレして出かけたい時の服は左側にというような感じです。

収納ボックスを活用する

ポールの下の部分を埋めるには収納ケースがおすすめです。収納ケースを積むことでクローゼット内のスペースを有効活用できます。

上の画像のように収納ケースを配置すればクローゼット内がスッキリ片付きますし、スペースを無駄にしません。クリアタイプの収納ケースなら中身がある程度見えるので、目的の衣類を探しやすくなります。

カラーボックスで見やすく取り出しやすい収納に

スペースに余裕があればカラーボックスも活用してみましょう。カラーボックスなら衣類や物の置き場所がひと目で分かりますし、取り出しやすいので便利です。

カラーボックスはバッグや小物置き場として使えるので、ひとつあればクローゼット収納の幅が広がります。収納ケースと併用する場合は、配置を決めてサイズを確認してから購入しましょう。

空いたスペースにはバスケットを活用

収納ケースを置いた後にスペースが空いてしまう場合は、バスケットを活用してみましょう。バスケットはすぐに取り出せるので、よく使う衣類やタオルなんかを入れておくといいですね。

バスケットは棚板の上に置いても使いやすいです。収納ケースは棚板の上では使いにくいので、それなら取り出しやすいバスケットを置いた方が使い勝手はよいでしょう。

バンカーズボックスでオシャレに収納

バンカーズボックスはアメリカのフェローズ社が考案した収納ボックスです。もともと銀行で書類を保管するための収納ボックスとして開発されましたが、今では家庭でも使われる定番の収納ボックスになりました。

紙製ですが丈夫で使いやすく、デザイン性にも優れています。用途は書類に限定されないので自由に使って構いません。

ブックエンドを使ったバッグ収納法

バッグの収納って意外と困りますよね。ラストはブックエンドでスペースを区切るバッグ収納法をご紹介しましょう。

ブックエンドは本を立て並べるためのアイテムですが、ご覧のようにバッグの収納にも使えます。ブックエンドでスペースを区切っておけば種類ごとにバッグを収納しておけますし、取り出しやすくなるのでおすすめです。

クローゼット収納はアイテムの活用でカギとなる

収納ケースやカラーボックス、バスケット、ブックエンドといったアイテムを上手に使うとクローゼットを綺麗に片付けられます。用途に応じて使い分ければ目的の衣類や物が探しやすくなるので、探す時間を節約できることでしょう。

ブックエンドのように本来の用途とは異なる使い方をするのも収納術のコツです。100均にもクローゼット収納に使えるアイテムがたくさんありますので、自分なりの収納術を探してみてください。

おわりに

クローゼット収納のコツを7つご紹介しましたが、参考になったでしょうか?どんなアイテムを使うにしても、自分で収納のルールを決めておけば綺麗に片付けられます。

クローゼットの中が衣類や物で溢れかえっている方は、この機会にクローゼット収納を見直してみてくださいね。

不要なお荷物は「押入れ産業のトランクルーム」にお任せください!
詳しくは⇒こちら

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。