A.トランクルームはなぜ安定収入なのか?その1 Q.収納ビジネス 日本の需要が伸びている!

アメリカでは、11世帯に1世帯が利用しているセルフストレージ。日本での普及はまだ約110世帯に1世帯(首都圏では57世帯に1世帯)ですが、この10年で急速に認知され、毎年平均で約7%の成長を続けている伸びしろの大きい市場です。

国内収納サービス 市場規模推移・予測

国内収納サービス 市場規模推移・予測

長期間借りていただけるお客様が多く、出し入れも少ないのでトラブルも少なく、満室になると長期にわたって満室稼働が続き安定収入につながります。

トランクルームの特徴

トランクルームの特徴

季節モノを入れているので年に数回しか出し入れしません

トランクルームは通常のオフィスと違い、水回りが必要なく、限られた設備で運営できるため、イニシャルコストはもちろんのこと、ランニングコストも抑られるのが魅力です。

ご相談・お問い合わせはこちら

モデルプラン

~新宿区の場合~

フロア面積 30坪
フロア概要 地下1階EVあり 窓無し
イニシャルコスト 700万円
ランニングコスト 18,400円/月

~ビフォーアフター~

レンタル収納スペースPiOなら、はじめてでも安心!
忙しい人や副業でも無理なく行える新しいフランチャイズシステムです。
詳しくはこちら

PiOオーナーインタビュー

安田開発株式会社
安田開発株式会社様
レンタル収納スペースのこれまでのイメージにない清潔感や、本部全面サポートの顧客への迅速かつ丁寧な対応、親身なFC本部の対応、全国展開していて安心などおススメポイントは多数あります。
有効利用が難しい自社ビルの地階スペースでも収益が上げられたため(PiO四谷三丁目店)、取引先の課題であった倉庫スペースを当社が借りて、もう1店舗(PiO田町・芝浦店)オープンするに至りました。2店舗目も収益が上がっており、結果、当社全体の不動産ソリューションのメニューを増やすことに繋がりました。

永和不動産株式会社
永和不動産株式会様
弊社は首都圏駅前のオフィス商業ビル賃貸を主に行っておりますが、押入れ産業様のお話を伺いレンタル収納スペースならば弊社の事業の幅を広げられ、また安定した収益を望めると判断し、加盟しました。
同業他社や他事業と比較しましたが、市場を熟知されていること、本件では1階の活用方法として最適な提案を頂けたことや、店舗設計から周辺の調査、申請、届出等まできめ細かい対応を本部でリードして頂いたことが決め手となりました。
PiO運営開始後は、物件全体のセキュリティもアップし、建物全体に「清潔感」が生まれました。
上階の賃貸住宅の価値も向上し大変満足しております。

<< ご相談窓口 >>

■日時 平日 10:00~17:00(ご予約・0120-372-110)
■場所 東京都港区新橋6-16-10御成門BNビル9階(御成門駅 A4出口より徒歩1分)
■内容 トランクルーム経営 ご相談・店舗見学等

レンタル収納スペースPiOをプロデュースする

押入れ産業は

おかげさまで創業30周年!

押入れ産業は、1987年に日本たばこ産業(株)、日本電信電話(株)、現(株)みずほ銀行他大手企業や中堅倉庫会社等の出資で設立されたトランクルーム企業です。延べ40万人のお客様にご利用頂き、2017年には創業30年を迎えました。創業以来、倉庫業のノウハウを活用し、「安心・安全・便利」な収納を実現するための先進的なサービスの開発に取り組んできました。また、フランチャイズ・システムの採用によって、均質なサービスを継続して提供するための運営ノウハウ・管理体制を確立しています。
ご相談・お問い合わせはこちら