沿革 | トランクルーム・レンタル倉庫なら押入れ産業

会社情報沿革

押入れ産業のミッション・コンセプトや会社概要、沿革について覧いただけます

沿革

1987年(昭和62年) 日本たばこ産業(株)、日本電信電話(株)、(株)日本興業銀行他大手企業21社、中堅倉庫会社等の出資でフランチャイズシステムによるトランクルーム事業を設立し、小野隆央氏(札幌三信倉庫(株))が初代社長に就任。
1988年(昭和63年) 首都圏において13社が加盟し、3月にサービスを開始、9月には全国40社が加盟し北海道から九州までの89営業店の体制を確立。
1990年(平成2年) 第1回全国オーナー大会を開催。 5月に関西と東海に本部事務所を開設。
1991年(平成3年) 古川浩司氏(芸備倉庫(株))が社長に就任。
1992年(平成4年) 本社を東京都中央区日本橋人形町、関西事務所を大阪市淀川区西中島に移転。
1994年(平成6年) 全国加盟店コンテナ保有総台数1万台を突破。
1995年(平成7年) 1月阪神・淡路大震災発生。コンテナを全国より関西に集め、被災者の家財保管の対応を行う。
1996年(平成8年) 関西事務所を神戸市に移転し、直営「六甲アイランド店」開設。
1999年(平成11年) ISO9002品質システムを本部、直営店で認証取得。
2000年(平成12年) 新規事業「レンタルスペースショップ」の本格的事業展開を開始。
2001年(平成13年) レンタルスペースショップの1号店を千代田区内神田にオープン。
2002年(平成14年) 河野鐡雄氏(湘南倉庫運送(株))が社長に就任。 新規事業、文書保管管理サービス「SIFAS(サイファス)」を開始。
2003年(平成15年) ISO9001品質システム認証取得、2000年版に切り替え。 レンタル収納スペース推進協議会創設に参加、会長会社となる。
2004年(平成16年) 文書保管管理サービス(SIFAS)、東京・宮城・岡山・福岡に本格的に進出。
2005年(平成17年) 文書保管管理サービス(SIFAS)、千葉・神奈川・愛知・大阪に進出。 本社を東京都港区新橋に移転。
2007年(平成19年) 黒川 久氏(東邦運輸倉庫(株))が社長に就任。
2008年(平成20年) ISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の認証取得。
2015年(平成27年) レンタル収納スペース新ブラント「PiO」展開開始。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

【電話受付時間】9:00~17:30
(日曜・祝日を除く)

メールフォームでのお問い合わせ

 お問い合わせ

【メール受付時間】24時間受付

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。