使ってないタイヤって邪魔…。オフシーズンのタイヤはトランクルームが吉!【収納ブログ】 | トランクルーム・レンタル倉庫なら押入れ産業

使ってないタイヤって邪魔…。オフシーズンのタイヤはトランクルームが吉!【収納ブログ】

スタッドレスタイヤ車

東北の方など雪国に住んでいる方やウィンタースポーツが趣味の方にとってスタッドレスタイヤは欠かせませんよね。 冬には大活躍のスタッドレスタイヤですが、春から秋にかけて保管場所に困りますよね。 重くて大きいタイヤは、スペースをとってしまう上に、無理な置き方をしてしまうとホイールが歪んでしまいます。 タイヤも一個数万円しますから長く使いたいですよね。そんな方のために、タイヤ保管の仕方をまとめてみました。

意外と知らないタイヤの保管の仕方

コンテナ

今現在屋外にタイヤを置かれているかたもいらっしゃると思いますが、タイヤは紫外線や湿度で油分が抜けてしまい固くなってしまい寿命が 大きく短くなってしまいます。ホイールも腐敗してしまったり、歪んでしまう原因になってしまいます。 水洗いなどでしっかり汚れを落として、洗ったら必ず乾かして、保管しましょう。 (タイヤワックスを塗って保管する場合、タイヤが劣化してしまったりするので、気を付けましょう。)
なるべく、タイヤの空気を適正気圧の半分程度まで抜いて保管しましょう。 こうすることで、タイヤが長持ちします。

ホワイトサイドのタイヤを保管する場合白い部分が汚れないよう、タイヤの間に板や段ボールを挟んで保管しましょう。 そして、床に直接置くとタイヤの色が床に移ってしまう恐れがあるので床に直接置かずに何か挟んで置くようにしましょう。 基本的には、風遠しがよく直射日光が当たらなければ問題はないのですが、心配なかたは屋内のトランクルームを利用しましょう。

屋内のトランクルームでは、空調管理がされており、気温や湿度が一定に保たれています。タイヤ用のラックが備え付けてあるところもあり、 横置きにしても歪んでしまう心配はありません。 しかし、ラックにも乗せられるタイヤが決まっており、事前にタイヤの大きさや幅を調べておくことをお勧めします。

タイヤを取り換えるタイミングは?

整備士

スタッドレスタイヤの特徴は氷の上では滑りづらくなっていますが、実は水の上ではノーマルタイヤより滑りやすいのです。 春以降の乾いている路面ではブレーキの制動距離が長くなってしまいます。それは、気温が低くても柔らかさを保つように設計されており、 高温になるとどんどんタイヤが柔らかくなってしまい摩擦力が低下し滑りやすくなってしまうためです。

なので、雪が降らなくなり路面に雪がなくなったら必ず、夏タイヤなどに交換しましょう。 しかし、特に山間部などは注意しましょう。部分的に日陰になっていて凍結していたり、アイスバーン状態になっている場合があるので 平地の場合は早めに交換しても問題ないのですが、山間部の場合は、ゴールデンウイークを過ぎるあたりまではスタッドレスタイヤを 装着していた方が安全かと思います。出かける際には雪の情報なども調べてから出かけるようにしましょう。

タイヤ用トランクルームの選び方

コンテナ

トランクルームには大きく分けて2つの種類があります。 屋内型のトランクルームと屋外型のトランクルームです。 屋内型は空調管理がされており、温度や湿度が保たれており、ものを長期間保管することに適していてカードキーで出入りするため盗難の心配もありません。 屋外型は空調管理はされていませんがその分安く、大きい荷物を収納することができ、車で倉庫に横付けでき出し入れがしやすいです。

バイクをそのままトランクルームに預けてしまうのもひとつの方法です。 バイクを保管したい場合は、バイク用のトランクルームもあるので調べてみてください。 タイヤ4本のみの保管だと東京都内屋外でだいたい月2000円前後、屋内で4000円前後くらいが相場だと思います。 期間限定でキャンペーンを行っている場合もあるのでよく調べてみましょう。

まとめ

スタッドレスタイヤはつけていないと条例違反になってしまう場合もあります。 雪国の方だけでなくても、雪が降った際はスタッドレスタイヤにしましょう。 タッドレスタイヤにすることで事故を減らせるかもしれません、これを機にスタッドレスタイヤの利用を考えてみてはいかがでしょうか。 そして、シーズンが過ぎ、タイヤが邪魔になり、保管場所に困ったらトランクルームをご利用いただけたら幸いです。

⇒トランクルームでタイヤ保管をお考えの方はこちら

わたしたちについて

押入れ産業ホームページをご覧のお客様へ

押入れ産業は1987年創業以来、延べ30万人のお客様にご利用頂いているトランクルーム企業です。サービスの信頼性を高め、長期にわたり安心・安全・便利なサービスを継続して提供するためには、運営ノウハウ・管理体制が必要となります。特に全国エリアで均質なサービスを提供することは、単一企業での展開には限界があります。押入れ産業では、こうした問題を解消するため、フランチャイズ・システムを採用し、加盟店である全国各地に密着した有力な物流事業者が保管・運送の実業務にあたり、押入れ産業本部が全体の企画・管理・統括することで、より地域に根ざしたサービスを統一システムのもと全国均質なレベルでご提供できる体制を確立しております。